Ventana Blanca
スペインタイル・陶絵付けの"陶工房 Francesca"のブログです。日々の出来事や制作のことなどのんびりつづっています。
プロフィール

陶工房Francesca

Author:陶工房Francesca
千葉県船橋市にある小さな陶工房。スペインの伝統陶絵付技法を生かした作品づくりやスペインタイルアートの教室を開いています。

著作権について

(C) 陶工房Francesca 2007-
当サイトで使用している画像・文章等の著作権は陶工房Francesca に帰属しています。許可無くご利用又は転用は出来ませんのでご注意ください。

また、法令に違反する内容やアダルトコンテンツなど公序良俗に反するサイト、又、ユーザー側システムに影響を与えると思われるサイト等へのリンクや転載は固くお断りいたします。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

最新記事

カテゴリ

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

雨と嬉し涙の母の日
今日はちょっと強い雨が降る一日となりました。
そして今日は母の日。皆様いかがお過ごしでしたか?

私はまず『”母”ではないけど』と夫からはおいしいシュークリームをいただきました♪
本当に美味しいのです高根台シュークリーム!(パティスリー・イルコンフィ)

私ったら嬉しくて、さっさと食べてしまったので写真がありません…^^;
シュークリームは外側の皮(シュー)はしっかりと、でもサクサク。
中はバニラビーンズ入りの本格的なカスタードクリームがたっぷり。

生クリームをこれでもか!と入れているシュークリームも多くありますが、
ここのはカスタードクリームで勝負!という感じかな。
しかも甘さは控えめなので、胃にもたれることもなく。
ちょっと大きめなので一つ頂くと満足感でいっぱい、なのです。

数量限定なので焼きあがる時間にはお客様が列をなし、売り切れてしまうこともあります。
今日は運良く買えたとのことでした。
夫よ、Great Job!

さて、久しぶりにアーチェリーの練習に行った息子の帰りが遅く、心配していたら
ずぶぬれになって帰ってきました。
何でずぶぬれ?と思ったら、なんとまあ母の日のプレゼントのお花を大事に抱えて帰ってきたのです。
大荷物&自転車だったのですが、お花を傷つけたくなくてそうなっちゃったのだと。
息子~!!ありがとう!もうお母さん感激!!!
2018hahanohi.jpg 
ということで、これがプレゼントしてくれたお花♡鉢カバーもかわいいね。
貰ってすぐの写真なのでまだ周りが濡れてます…。
鉢植えタイプだから大事に育てるね。
私の大好きなオレンジ色の花がちゃんと入っているところが息子らしい選択♪

そんなこんなで嬉しい母の日のご報告でした。
さ、明日からまた頑張ろう!

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。見え辛いと思いますがご了承くださいませ。 
↓クリックしていただけると励みになります!

懐かしさを呼び起こすもの
今日もここ船橋は文字通りの五月晴れ。
気持ち良いお天気でゴールデンウィークの最終日を迎えました。

私はと言えば、この連休は普段手つかずの(笑)自宅内の各所で断捨離したり事務仕事をしたりが中心でしたが、せっかくなので実家にも顔を出しに行ってきました。
なにぶん膝腰の故障もあるので遠距離の移動や長時間の外出はできないのが玉に瑕、なのですが。

やっぱり実家はよかったです♪
実家暮らしが長かったこともあるし、父や母に会えるのはもちろん、家そのものにも愛着があるからほっとします。

残念ながら今回は姉には会えませんでしたが、父、母、そして甥っ子には会えたので、近況やら思い出話やらにも花が咲いて楽しいひと時を過ごす事ができました。

さて、実家では懐かしさを呼び起こされるものは多々あるのですが、父(90歳)の海外のお土産コレクションもその一つ。

父が若かりし頃は海外へ行くのもはまだまだ大変な時代でしたが、幸い海外出張へ行く機会には恵まれていて、ヨーロッパなどから小さなお土産を携えて帰ってきてくれるのがとても楽しみでした。また海外に駐在する部下の方からもお土産を頂戴する機会があり、そういった品が実家のリビングに小さなコレクションとなって飾られているのです。

それらは特別な高価なものではないかもしれないけれど、遠い国の文化を感じられてときめいたものです。

その中から久しぶりに手に取ったのがこれ。
spanishsoad.jpg 

スペイン(多分トレド)のお土産のピック。
一本一本が西洋の剣の形をしていて、こうしてホルダーに刺しておけるようになっています。
金属製で細かい彫刻と彩色が施してあり、一つ一つ違うデザインですし、絵柄も細かくてとても素敵。

ちょっとくすんでしまっていますが、剣の部分が意外にも鋭い。
小さい頃はこれで双子の姉とチャンバラをやって怒られました(笑)

私も姉もお気に入りのお土産で、ある時二人でこっそり父の金属磨き液でピッカピカ磨き上げようとしたら台座の裏の金メッキが取れてしまいました。

きれいにしてあげようとやったことが思わぬ結果を招いてしまって。
あの時の「やっちゃった!!!」感は半端なかった。

金色が取れてしまったのが裏側で良かったということにしよう、とそっとボードに戻した時の切なさが未だによみがえるのですよ。ごめんなさい^^;

そんな話も交えながら話は尽きませんでしたが、時間も押してきて”また次の機会に”と帰宅しました。

帰りの車の中でもいろいろな思い出がよみがえっていたのですが、なぜかいい事ばかり。
普段忘れていた大切な思い出をそっと思いださせてくれるようなモノっていいなあとしみじみ思いました。

皆さんもそんな思い出を呼び覚ませてくれるような物をお持ちですか?


因みに今回ご紹介したピックは今でもトレドなどで同じものが売っているみたい。父が入手したのはもう40年ほど昔だと思うのできっと大人気の伝統工芸の土産物なのですね。
スペインへ行く機会があったら見つけてくださいね!

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。 
見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ↓クリックしていただけると励みになります!

本日オープン9周年 ありがとうございます!!
今日から5月。
そう、今日5月1日は陶工房Francescaのオープン記念日です!
皆様のおかげでここまで来られましたこと、心より感謝申し上げます!
本当にありがとうございます。

私の師匠である、スペインタイルアート工房の船戸先生に背中を押していただいて思い切って工房を立上げ、そして絵付け教室を始めて9年が経ちました。

制作だけでなく、初めての個人事業主としての仕事のあれこれ、仕入れや広報などすべて自分でやらなくてはならず不安と期待が入り混じった日々でしたが、
気が付けば今ではネットを通じて日本全国へ作品をお届けしています。
作品を発送するとき、送付票にお客様のご住所とお名前を書きながら、
この小さな工房の作品によくぞたどり着いて下さったとあらためて感謝し、私を信じて心待ちにして下さる皆様に、お届けする作品が愛していただけるように心から願うのです。

お送りした伝票の束をふと見返すと、本当に日本中に作品が旅立って行ってるんだなあと感慨深くなります。

また、絵付け教室も各種コースを通してたくさんの方にご受講いただいてきました。
一つ一つ楽しみながら作品をお作り頂けているでしょうか?
出来上がった作品は、手元に置いて眺める時に皆様に力を与えてくれるようなものになれているでしょうか?
すこしでも明日に進む新しいエネルギーを私の工房を通して得ていただけるといいな、と思っております。
なによりも私が楽しくお教室を続けていられるのも皆様の温かいご愛顧のおかげです。
本当にありがとうございます。

まだまだ手を入れたいホームページや受講の仕組みなど課題はたくさんあるのですが、これからも日々新しいものづくりを通して皆様にスペインタイル、陶絵付けの楽しさ、美しさをお伝えしていければと思います。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、先日お知らせいたしましたように、本日から5月31日(木)まで、
オープン9周年記念キャンペーンを開催しています。
各講習は受講料割引、またミンネ、BASE、受注制作の各販売では送料無料または価格割引などを実施。
あ、そうそう、ミンネではいくつかアウトレット作品も放出しましたよ。
いつもとちょっとだけ違う色遣いのモノなどお値打ち価格でご提供中です。
機会がございましたら是非ご利用くださいませ。

我が家のオカメインコ”Vittorio"君からもご挨拶^^
9thanni.jpg 


※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。
見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ↓クリックしていただけると励みになります!
  趣味ぶろ 陶絵付け教室ブログランキング にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ
陶工房 Francesca スペインタイル絵付け教室と作品販売:ホームページはこちらfrancescabas