FC2ブログ
Ventana Blanca
スペインタイル・陶絵付けの"陶工房 Francesca"のブログです。日々の出来事や制作のことなどのんびりつづっています。
プロフィール

陶工房Francesca

Author:陶工房Francesca
千葉県船橋市にある小さな陶工房。スペインの伝統陶絵付技法を生かした作品づくりやスペインタイルアートの教室を開いています。

著作権について

(C) 陶工房Francesca 2007-
当サイトで使用している画像・文章等の著作権は陶工房Francesca に帰属しています。許可無くご利用又は転用は出来ませんのでご注意ください。

また、法令に違反する内容やアダルトコンテンツなど公序良俗に反するサイト、又、ユーザー側システムに影響を与えると思われるサイト等へのリンクや転載は固くお断りいたします。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

最新記事

カテゴリ

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

施工例ご紹介:フルオーダークエルダ・セカタイル表札
9月も半ばを過ぎ、涼しい風がうれしい季節になりました。
さて、今回はご注文いただいたタイル表札と施工例をご紹介したいと思います。

今回の御注文品はマンションタイプの表札。

お客様の『以前飼っていたウサギさんをモチーフに』との御希望で制作がスタート。

思い出の写真やエピソードを参考に、そのウサギさんらしい表情やポーズを検討しました。

usaplate02400.jpg
お鼻をスピスピさせているところ。何かいいもの見つけたかな?


usaplate01400.jpg

お気に入りの場所からじっとこちらを観察中。

『あたちがいつも見守ってあげているの。』

かわいらしさと明るさ、そして色味をアップするために、両サイドの絵柄部分にはちょっと大きめのお花も配置してみました。


ペットなどの動物作品の制作は、やはり飼い主様ならではの視線が欠かせません。

お写真やエピソードなどの資料があると、私もイメージをつかみやすくなり、制作にも生かせます。



ちらりと制作風景もご紹介。

顔料を特殊なオイルで練り上げたもので輪郭線を描きます。

通常はオイルの線は先に描きますが、今回は後から描く方法を取りました。
オイル技法で細い線(約0.3mm)を入れるのはかなり細かい作業になりましたが、輪郭線を入れることでくっきりとして美しい仕上がりになったと思います。


そして出来上がりがこちら。

usaplate04400.jpg 

表札:フルオーダークエルダ・セカタイル(縦4cm×横20cm) 


文字の色はあえて黒ではなくニュアンスのある濃いめのブルーで。

やわらかい印象のフォントとも相まってやさしい雰囲気もプラスに。

御注文主様のご希望をうかがいながら、ちょっぴりレトロな雰囲気をまとう素敵なデザインに仕上げることができました。


usagiplatemi03400.jpg 

玄関:表札を設置したところ


御注文主様より「飼っていたウサギの表情がそのままで本当にかわいいです。今は亡きあのこが私たちを見守っていてくれている気がします。とても嬉しいです!」とお喜びのメッセージをいただきました。

こちらこそ、かわいいウサギさんのお写真と思い出のエピソードに心温まりながらの制作でした。ありがとうございました♪


※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。
 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。 
↓クリックしていただけると励みになります!
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する