FC2ブログ
Ventana Blanca
スペインタイル・陶絵付けの"陶工房 Francesca"のブログです。日々の出来事や制作のことなどのんびりつづっています。
プロフィール

陶工房Francesca

Author:陶工房Francesca
千葉県船橋市にある小さな陶工房。スペインの伝統陶絵付技法を生かした作品づくりやスペインタイルアートの教室を開いています。

著作権について

(C) 陶工房Francesca 2007-
当サイトで使用している画像・文章等の著作権は陶工房Francesca に帰属しています。許可無くご利用又は転用は出来ませんのでご注意ください。

また、法令に違反する内容やアダルトコンテンツなど公序良俗に反するサイト、又、ユーザー側システムに影響を与えると思われるサイト等へのリンクや転載は固くお断りいたします。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

最新記事

カテゴリ

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最近のお気に入り:ゴッホ最期の手紙
今日は立冬。暦の上では冬なのですね。
なんだかもう今年もあと少しなんだなあとちょっと気ぜわしくなってきました。
12月24日に幕張メッセで行われるイベントに出店予定なので
その準備もあり…。
こちらのイベントについては共同出店という形をとっていて
まだ詳細がわからないので、またはっきりしましたらお知らせしますね。

仕事の他にもいろいろとありまして、本当にばたばたするという言葉がぴったりな日々。
落ち着いて、ゆっくりと!と自分に言い聞かせながら過ごしています。

そんな中、姉が貸してくれたブルーレイ「ゴッホ 最期の手紙」を観ました。
saigonotegami.jpg 
すごく気になっていたけど、映画館で上映中は観に行かれなかったの。

ご存知の方も多いかと思うのですが、もちろんあの有名な画家、
フィンセント・ヴァン・ゴッホのお話
出されることなく終わってしまったゴッホが書いた最期の手紙。
生前懇意にしていた郵便配達人ジョセフ・ルーランは
息子アルマンにゴッホの最愛の弟テオに渡すよう託します。
いつものテオの住所に送っても配達不可で戻ってきてしまうから、
居場所を何とか突き止めて渡してこいというのです。

変人として知れ渡っていたよく知らない男のためになんで自分が!
とむくれるアルマンですが、しぶしぶ出かけて行った先々で
様々な出会いをとおしてゴッホという人を深く知っていきます。
そして画家の死の謎に触れていくうちに…という
ちょっとサスペンス仕立のお話でした。

何よりもすごいのは映画全編が油絵を用いたアニメーションで作られていること。
世界中から結集した画家たちの手によって一コマ一コマの絵を作成しています。
しかもそれがゴッホの絵のようなタッチで描かれていて
皆さんご存知のゴッホが描いた風景や人物がそのまま動き出すのです。

そこまでは予告編で何となく知っていたのですが、
実際の制作はいきなり油絵を用いたアニメを作ったのではなく、
まず俳優たちが実際に演じて映画を撮り、それをもとにして油絵や水彩画を制作、アニメーション化していたのですね。
実際の風景とゴッホの絵の中のパース(遠近感)は違うので
そういう部分をいかに自然に見せるかなどはCGを駆使して。
ゴッホの世界観を見事に動く絵画として再現していたと思います。
膨大な手間と時間がかかったけれど、スタッフたちが最後まであきらめずやり遂げた珠玉の作品と言えるでしょう。


まだ見てなかったよ、という方はぜひ。

余談:以前ブログで紹介したかもしれないのですが、
ゴッホの絵の中に入りこんで謎解きをするPCゲーム「ミッションソレイユ 太陽を取り戻せ」というのがその昔あったのですよ。

それは全編CGでゴッホの絵画が再現されており、
絵に描かれた風景を歩き回ったり、家の中に入って探し物をしたりとかすごくおもしろかったのです。

今は対応OSも終了し生産もされていませんので体験できる機会はほぼ皆無かと。
それはそれで素晴らしかったので映画でもここまでできるなら何とか復活していただきたいものだとあらためて思いました。

※画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。 
見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ※↓クリックしていただけると励みになります!
   にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ タイルクラフトへ
陶工房 Francesca スペインタイル絵付け教室と作品販売:ホームページはこちらfrancescabas jaranbanner002.jpg