FC2ブログ
Ventana Blanca
スペインタイル・陶絵付けの"陶工房 Francesca"のブログです。日々の出来事や制作のことなどのんびりつづっています。
プロフィール

陶工房Francesca

Author:陶工房Francesca
千葉県船橋市にある小さな陶工房。スペインの伝統陶絵付技法を生かした作品づくりやスペインタイルアートの教室を開いています。

著作権について

(C) 陶工房Francesca 2007-
当サイトで使用している画像・文章等の著作権は陶工房Francesca に帰属しています。許可無くご利用又は転用は出来ませんのでご注意ください。

また、法令に違反する内容やアダルトコンテンツなど公序良俗に反するサイト、又、ユーザー側システムに影響を与えると思われるサイト等へのリンクや転載は固くお断りいたします。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

最新記事

カテゴリ

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

5月最終日
今日で5月も終わり。
月初めに幕張メッセでのイベントに参加したり、月末には某サイト様の取材を受けたりと工房オープン10周年らしく(?)これまでに経験したことのないほどのフル回転状態でした。
ありがたい事です!

さて、今回は最新版の”陶の小鳥の香炉・ランプ”のご紹介。
ブログでお披露目しそこねてましたね^^;
kotolight003zen400.jpg
サイズはおよそ高さ8.5cm×長さ13cm×6.5cmくらい。
そっと両掌の上で包み込んでいただけるくらいの大きさです。


kotolight003choukoku400.jpg
制作風景 粘土をこねて形を作り、一度切り分けてから中身を抜いて接着。
程よい硬さまで乾燥したら一気に彫刻・穿孔していきます。
元々はつるんとした表面ですが、首や翼、背中などを少しずつレリーフになる様に彫刻して立体感をつけていきます。
そのうえでバランスよく光が漏れるように穴をあけたり
羽の模様を毛描きしていきます。

kotolight003kanso400.jpg
彫刻終了~。よくよく乾燥させたら素焼きします。

kotolight003side400.jpg
そしてクエルダ・セカ釉薬で絵付け。
平面ではなく球面に釉薬を同じ厚みで乗せていくのは結構大変な作業。
とは言えあまりムラがないのも味がないですしね。
そこらへんは塩梅を見ながらという感じです。

kotolight003back400.jpg
風切り羽の毛描きの部分が釉薬の濃淡でくっきりと模様が浮かび上がっているのがお分かりいただけるでしょうか?
後姿もプリティに♡

kotolight003400.jpg
何か言いたげな顔してますね(笑)
かわいいよ~。かわいくできたよ~。

と、まあこんな感じの一品に仕上がりました。
揺らぐ灯りのLEDランプとお香用の小さなタイルが付属します。
仕様上のご注意など詳細はミンネのページにてご確認いただけます。
よかったらお迎えくださいね。

小鳥の香炉ランプの販売はこの子が今回のロットでは最後になります。
とにかく手間がかかるので次のロット制作はもう少し先、販売は夏の間にはできるかなあ、という感じ。
受注制作などの合間を縫うようにしての制作なので時間がかかってしまいます。
でも小鳥に囲まれてると幸せなので頑張るー。(^^)/

さて、10周年記念キャンペーンも残すところ10日ばかりです。
絵付け教室も販売もお得がいっぱい!ぜひご利用くださいね~。

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ※↓クリックしていただけると励みになります!

【新作】スクエアタイルのカゴトレー:新色登場です
本日よりミンネにて新作のスクエアタイルのカゴトレーの販売を開始しました!
nsqkgwaine400.jpg

これまでのブルーも爽やかですが、温かみのある深いワインレッドもかわいいでしょう?
(自画自賛)
こちらのカゴも籐作家さんにお願いして特別に作っていただいております。
自然素材の籐カゴは時とともに味わいを増して行きます。
長い時間手元に置いてご愛用頂ければ幸いです。

nsqkgwainezoom400.jpg
いつものようにこちらのタイルはクエルダ・セカ。
スペインの美しい色釉薬を盛り上げるようにして絵付けします。
ぷっくりつややかな感触も楽しんでいただける絵タイルです。

タイルは割とぴったりの大きさなのですが、はめ込んでおりませんので汚れが付いたりした場合は取り外して拭いたり洗ったりすることもできるんですよ。
とても衛生的ですよね。

1000度近い温度で焼き上げた陶器ですので、タイルは色あせず、美しい状態を保ってくれますよ。

底面のタイルサイズが20×20cm、カゴも程よい深さがありますし、持ち手もついているから用途もいろいろ。

パンカゴにしたり、お茶碗やカトラリーをひとまとめにしておいたり、はたまた、家計簿や計算機、レターセットや文房具をひとまとめに入れておいて、使いたいときに田中皿ッと取り出したりしまったり…。
いろいろ使がっての良さを楽しんでいただければ幸いです。

タイルの制作には時間がかかってしまいますのでおいおいできたものからアップしていきますね。
父の日も来月に迫っていますね。もし素敵なプレゼントとして何かお探しの方は是非。

それでは、また新作のお知らせをしていきたいと思います。

★★工房オープン10周年記念キャンペーン開催中!★★
詳細は工房のホームページをご覧ください!

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。 ※↓クリックしていただけると励みになります!
Happy Easter ! & Creemaポイント10倍キャンペーン
本日4月21日は復活祭!
Happy Easter !!

今朝は教会へ行きました。
お天気も良く、優しい春の日差しを感じられてとても穏やかな一日の始まり。
ソメイヨシノは終わっていたけどまだ八重桜がきれいに咲いていました。
2019easter02.jpg 
今年もイースターエッグを買いました。
毎年教会の信者さんたちが卵の装飾をしているのです。
キレイなシールが貼ってあったり、小さなお子さんが描いたらしい謎な模様の(スクリブルですね)があったり…選ぶのも楽しいですよ。(卵は塩味のついた殻付きゆで卵。)
あとでおいしくいただきました。^^

花壇にも春のお花がいっぱい
2019easter03.jpg 
すがすがしい気持ちになりますね。

そして帰宅途中に飲み物を買いにコンビニに寄ったら、
あらら、こんなものが!!
2019easter01.jpg 
かわいいいいいい!
イースターのデザートシリーズ。3種類もあったのかあ。

結局どうしても素通りできず、3つとも買ってしまいました。
ウサちゃんは移動中にややひしゃげてしまいましたが。
こちらもあとでおいしくいただきました(笑)

さてさて、本日4月21日のもう一つの善きお知らせは…#Creemaポイント10倍の日!!

本日一日限りです。
ぜひこの機会にお買い物を楽しんでくださいね♪

当工房も今年はCreemaさんに陶のイースターエッグをたくさん出しています。
tegg00401400.jpg 
一つ一つデザインも違います。
ぜひご覧くださいね。

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。
 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ※↓クリックしていただけると励みになります!

【ミンネ】特集に掲載されました
少し告知が遅れてしまいましたが、この度ハンドメイドマーケット”minne(ミンネ)”様の特集に当工房の作品をピックアップして頂けたのでご紹介いたします!
特集『100輪のお花が咲きました ミンネ春のお花畑』→■
hanatoribrooch004400.jpg 
掲載して頂いた作品はこちらの”花と小鳥のリースブローチ”です♪
粘土をこねて板づくり、形を切り出してから彫刻…と大変手間暇かけて作っております。
全て手作りのため、彫り込んでいく花や小鳥はその時々によって少しずつ表情が違います。
明るいお色はこれからの季節にピッタリ。
かわいらしい花と小鳥を連れてお出かけしてくださいね。

また、こちらの同じシリーズの作品を(在庫があれば)5月4.5日の幕張メッセ手づくりアートマーケットにも持っていく予定です。
ぜひお手に取ってご覧くださいね~。

そうそう!ミンネの作家メディア掲載情報にも先日のプチトリ掲載についてお載せ下さっております!ありがとうございます!!→■

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。
 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。 
※↓クリックしていただけると励みになります!

春のデコレーション:イースターエッグ
明日はもう春分の日!早いですね…。
まだ朝夕の寒暖の差が大きかったり、花粉がたくさん飛んだりで体調管理も大変な頃ではありますが、春のエネルギーをいっぱい取り込んで元気に活動していきたいものですね。

さて、春と言えば復活祭(イースター)
日本ではあまりなじみがないかもしれないですが、
キリスト教では最も重要なものであり、盛大に祝われるものです。
華やかな色に絵付けされた復活の象徴である卵をイースターエッグとかデコレーションエッグと言い、復活祭の時期に飾る習わしがあります。
また友情や愛情の証として贈り物にすることもあるそうです。

当工房でも陶のデコレーションエッグ(イースターエッグ)を制作しています。
一つ一つ粘土をこねて形作るところから全部手づくり。
大きさもデザインも違うので世界でたった一つのイースターエッグですよ!

今年はまだ新作ができないのですが、近日中にウォールデコ等も含めて新しいタイプの卵や鳥さんの作品をリリースする予定です。

あと、今年からはCreemaイースターエッグを販売することにしました。
現在販売しているものは以下の通りです。(一個ずつしがないので売り切れちゃったらごめんなさい)
tegg00301400.jpg 

tegg00401400.jpg

tegg00501400.jpg

tegg00701400.jpg

tegg00601400.jpg

tegg00200400.jpg

余談ですが、イースターエッグミンネからCreemaに移したのは海外の需要も見込んでのことからでしたが、なんとミンネでも海外販売開始ですって!orz

私はまだミンネでの海外販売の実績がないので、この先どうなるかわからないですが、こうなるとどちらに作品を出品するか…迷います。
たくさん作って両方で売ればいいのかもしれないけど、一つ作るのにすごく時間も技術も必要なものですので、なかなかたくさん作れないですから。
まあ、悩みも多き春ですなあ。

※作品画像には著作権保護のためコピーライトを入れております。
 見え辛いと思いますがご了承くださいませ。
 ※↓クリックしていただけると励みになります!